カムプス連合首長国

概要

統治者:大統領
継承:国民選挙
政治:共和制
言語:カムプス語
人種:茶族(茶色の目に茶色の髪/黒人)
首都:ドンテ
宗教:シャムス教
象徴:
国色:茶色

王家

なし

国民

民族構成:茶族93%、残り他民族
身分構成:身分制度無し、全員平民

産業・社会・経済・文化

様々な少数民族の小国や都市国家が結合し、形成した国家。
全民族から国民選挙にて選出された大統領率いる政府があるが、殆ど機能しておらず、それぞれの州が独自の政治を行っている状況。
統一したものの民族意識が高く、部族間の内戦や、他国との紛争も度々勃発している。
これといった産業がなく、奴隷輸出産業や密輸が蔓延。

国土・気候

サウス大陸に位置する。
乾燥、熱帯気候。砂漠が国土の半分を占めている。

歴史

新暦2749年~2753年
  • サウス植民地戦争。対列強諸国。
新暦2753年
  • 現政府成立。

  • 最終更新:2018-06-14 13:06:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード