陽皇国

概要

統治者:皇王
継承:男子優位相続
政治:象徴君主制
言語:陽語
人種:紫族(紫色の目に紫色の髪/黄人)
皇都:洛都
宗教:神倭教
象徴:
国色:紫色

王家

国の象徴な故に政治介入は一切せず、唯一の政に関する権限は首相任命のみである。国内外共に姿を見せる事がない。
他国との外交及び政治は全て内閣が取り仕切っている。

国民

民族構成:紫族94%、残り他民族
身分構成:皇族0,002%、平民99%以上

産業・社会・経済・文化

島国の為、あまり他国の干渉を受けることがなく、独自の文化や宗教が発展した神秘的な国。
教育に力を入れており教育費は一切かからず、国民の義務とした。世界一の識字率を誇る。
国が研究者や技術者育成に取り組み、それらの者の待遇をよくし、医療技術も進んでいる。
四方を海に囲まれ漁業が盛ん。

国土・気候

イースト大陸の更に東に位置する島国。
温帯気候。四季があり風光明媚である。

歴史

新暦590年
  • 現王朝成立。

  • 最終更新:2017-08-16 16:13:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード